ご案内

京都大学プログラミングコンテストは,京都大学の学生が有志で主催するプログラミングコンテストです. Kyoto University Programming Contest の略で KUPC などと呼ばれます.

KUPC2015

KUPC2015は2015年10月24日に行われました.コンテスト本番で使用された問題及びその結果については,以下の AtCoder のページをご覧ください.

講評・解説

コンテスト全体の講評はこちらです(PDFファイル). それぞれの問題の解説は以下のとおりです.

問題名解説(PDF)
問題A : 東京都A.pdf
問題B : GUARDIANSB.pdf
問題C : 最短経路C.pdf
問題D : 高橋君の旅行D.pdf
問題E : マッサージチェア2015E.pdf
問題F : 逆ポーランド記法F.pdf
問題G : ケンドーG.pdf
問題H : Bit CountH.pdf
問題I : ハウスシャッフルI.pdf
問題J : MODクエリJ.pdf
問題K : SOULBLOCKK.pdf
問題L : コインゲームL.pdf

会場参加

オンサイト会場は東京会場京都会場の2つの会場が設けられます.
ATNDにて参加を受け付けておりますので、以下のリンクから登録をお願いします.

当日の集合場所やスケジュール等の情報につきましては、各ATNDページをご参照下さい.

オンラインで参加される場合は事前申し込みは必要ありません.AtCoder より直接ご参加下さい.

概要

京都大学プログラミングコンテストは,アルゴリズムの問題を決められた時間内に解く能力を競うコンテストです. 問題は入門者向けの易しいものから上級者向けの難しいものまで幅広く用意される予定です.

  • 京都大学の関係者かどうかによらず,どなたでもご参加いただけます.
  • コンテストは AtCoder 上で行います.オンライン・もしくは会場で参加頂けます.
  • コンテストは個人戦とします.

  • 問題数は12問程度,コンテスト時間は5時間です.
  • 問題文は日本語で記述されます.
  • 各問題に対し,部分点が設けられる可能性があります.

KUPCが初めての方へ

本番の環境に慣れるため,事前に AtCoder で問題を解いておくことをお勧めします.

更新履歴

  • 10/6 2015年度のコンテストについての情報を公開しました.